トップページ >HIDランプ 車検に通る?

HIDの「バラスト」とは?

HIDランプで、よく訊かれるのは「車検にちゃんと通るのか」ということ。
車を自分でいじると、車検に通らないのではないかという不安は大きいですよね。

結論からいえば、よほど明るかったり、色が規定外だったりしなければ、ヘッドライトをHIDランプに交換しても問題なく車検を通過できます

ただし、平成17年に法改正があり、ヘッドライトの色は白色のみになっています
それまでは認められていた淡黄色は車検に通らなくなりましたから、よく確認しましょう。

販売店が詳しい

HIDランプに交換する際、HIDを購入する販売店で相談してみるのが一番です。
「これは車検に通りますか?」と聞けば、だいたい答えてもらえるでしょう。

車検の規準はワット数ではない

車検に通るかどうかは、その明るさで決まります。
一般には、ワット数が高くなると明るくなるのですが、白い光とオレンジの光とでは、感じる明るさが違いますよね?
車検では、明るさ(カンデラ)が重要ですから、色温度(ケルビン)とあわせてチェックしておくと良いでしょう。
目安としては、6000K以下の白色で、35〜55W程度のHIDが良いでしょうね。