e-お見合いで恋を始めませんか? > 恋に駆け引きはホントに必要? 更新

恋に駆け引きはホントに必要?

恋の駆け引きは、必ずしも必要であるとは限りません。
けれど、駆け引きのまったくできない人よりは、駆け引きのできる人の方が、圧倒的に有利であることも間違いありません。

とはいえ、恋の駆け引きを万人に推奨するのは、ちょっと違うなぁとも思うのです。

お酒は飲めた方が有利だけど

わかりやすく、お酒の話をしましょう。

お酒って、飲めないよりは飲めた方が断然有利です。
お酒の場で円滑になる人間関係もあるし、特に男性なんかだと、上司や取引先なんかとお酒を飲む機会も多いですから、勧められたお酒は飲めた方が絶対いいです。

けれど、お酒の飲めない人って、好き嫌いとか慣れとかそんな話ではなくて、そもそもアルコールを分解する能力が低いんですよね。
そういう人が、「お酒は人間関係を円滑にするために有益だから」といって、無理にお酒を飲んでみたところで、良い結果が出るでしょうか?
むしろ、酔っ払って迷惑をかけるのがオチですよね。

恋の駆け引きにも、近いものがあります。

恋の駆け引きは、アルコール分解ほど明確に向き不向きがあるわけではありませんが、やはり向いている人と向いていない人とがいます。
恋の駆け引きに向いていない人が、無理に恋の駆け引きをしようとしたところで、結局は裏目に出て失敗してしまうのが目に見えているのです。

つまり、恋の駆け引きは、できた方が良いけれど、やらない方がいい人も確実にいるものだということ。
そして、それができないからといって、恋ができないわけではないという性質のものなのです。

「メールだけ駆け引き」のテクニック

駆け引きは、できた方が得。
だけど、無理にやってみても裏目に出るだけ。

だったら、間を取って「メールだけ」駆け引きをしてみるという手もあります。

メールって、ゆっくり時間をかけて推敲できるし、表情も見えませんよね。
だから、あまり駆け引きが得意でない人でも、ある程度の駆け引きをすることができるのです。
だからこそ、世の中には「メールテク」なんてノウハウ本がたくさんあるわけ。

e-お見合いのように、じっくりメールで話のできる出会いの場では、これが特に有効。
ちょっとやってみたいなぁ…という人は、無理せずメールだけ駆け引きしてみてくださいね。

恋の駆け引きは心理テクニック

天性のカンで恋の駆け引きを行なっている人も多いですが、恋の駆け引きを突き詰めていけば、心理学を応用したスキルのひとつです。

「メンタリスト」なんて言って、マジックのようなことをしている方もいらっしゃいますが、恋の駆け引きも同じ事で、上手に相手の心をコントロールする術なんですね。
だから、ちゃんとカラクリを知って、状況に合わせて使えるのならば、どんどん使えば良いです。

ただ、あんまり恋の駆け引きを極めてしまうと、恋愛は面白くなくなってしまいます。
だって、自分の手のひらの上で全事象が動いちゃうんだもの。
「予測通り」なんて恋愛、つまんないでしょう?

論理的に脳を働かせると、その分、盲目的に盛り上がるはずの「恋」は、早く鎮火してしまいます。
それって、すっごく損!
だから、あまり得意でない人は、無理に恋の駆け引きを覚える必要はないのです。

例外的に、略奪愛だとか、どうしても守りたいものがあるのなら、恋の駆け引きはとても有効です。
賢い人が勝ちます。
感情を取るのか、それとも関係性を重視するのか。
できるならば、感情を取って欲しいものだけれど、オトナの恋には、そんなことを言ってられない場面もたくさん出てくるはずです。
そんな時には、「恋の駆け引き」のノウハウを勉強するべき。

また、「恋愛と結婚は別!」と考えて、結婚相手を冷静に見極めたいのなら、その時にも恋の駆け引きはおすすめです。

そろそろ、e-お見合いで新しい恋をスタート。まずは無料登録を!

お申込みはこちら

e-お見合い最新記事

【モテ男講座】タイプ別、モテない男を教えます 2013/11/15

【恋愛ルール論】恋愛は第一印象で決まる 2013/11/08

【女子恋愛術】男が好きな女性のポイント 2013/10/31

【モテ男講座】女が喜ぶプレゼントのホントのところ 2013/10/24

【恋愛ルール論】男の前で態度が変わる女 2013/10/17