e-お見合いで恋を始めませんか? > 別れの決断理由 2013/07/18更新

別れの決断理由

特に問題はなくとも、長く付き合った仲でも、「別れよう」と思う日は来るものです。
だからこそ、「婚姻」という制度があるのだとも言われているほどで、人が自由に恋愛をすれば、基本的には生涯ただ一人とはいかないのが普通だと考えて良いでしょう。

では、どのような場合に、別れを決断するのでしょうか。

一緒にいる将来が見えない

男女とも、結婚を意識するような年齢では、「結婚して、さらにその先」について考えるものです。
この人と一緒に生活したらどんな人生になるかな、と想像してみて、あまり良い将来を想像できなければ、わりと好きな相手とでも別れを決意するケースが多くあります。

特に男性は、女性の家事能力や仕事や趣味についての理解など、自分の日常の居心地の良さについてを重視します。
小言が多いとか、やたら頼みごとが多いとか、料理が美味しくないなんていうのは、どうしてもマイナスになりますね。

女性の場合には、経済力やお金の使い方を特に重視する傾向にあります。
趣味にお金を使いすぎるような人や、見栄を張って誰にでもいい顔をしてしまうようなタイプの男性は、敬遠されがちです。

劣等感を感じる

男性の場合、一緒にいて自分が劣等感を感じるような女性とは、やはり付き合いを続けられない傾向にあります。

男性は自尊心が高いので、あまりテキパキとパーフェクトにこなしてしまうような女性はNG。
また、あまり感情を表に出さないクールなタイプの女性も、「自分では幸せにできない」「釣り合わない」と思い込んでしまうことがあります。

性欲が足りない

性的魅力に欠ける、あるいは、性の不一致というのも、別れようと思う大きな原因です。
「異性として見られない」「妹みたい」「お兄ちゃんみたい」なんてのもここに入ります。

好きは好きだし、特に問題もなく、居心地もいいんだけど、どうにも異性としての意識が少なく、友愛や親愛、家族愛のような域を超えられないというケースが多いですね。

また、このケースは、付き合いが長くなりすぎたカップルにも多く見られます。
ホルモン分泌の関係で、恋をするのはどう長くても5年が限界だと言われていますが、そこを過ぎてしまうと、「もっと良い異性がほかにいるんじゃないか」という気持ちも増えてきます。

会って決めるか、会う前に決めるか

e-お見合いでは、先にメールでコミュニケーションを取ってから、実際に会うかどうかを判断しますね。
そのため、「メール段階でお別れする」か、「実際に会ってみてから決める」かという、ちょっと変わった状況に悩むことがあります。

女性の場合には特に多いことですが、話をしていてとても楽しいと感じても、結婚相手としてはどうかな…と考えてしまうと、別れを考えてしまうことがあるのです。

どちらが良いとはいえませんが、会うとイメージが違ったりするので、悩む程度なら会ってみる方がおすすめです。

他に好きな人ができた

これも王道ですね。
人の気持ちは変わるものですし、より良い異性がいれば、そちらに気持ちが向くのも正常。

素直に「他に好きな人ができたから別れて欲しい」と言ってもらえればいいのですが、なんとなく自分に負い目があったり、自分が悪者になりたくないばっかりに、なんとかうまく別れられないものかと思案して、妙にこじれたりするケースも多いのが厄介です。

別れの決断はつらいものですが、それぞれに良い人生を選択するには、別れを受け入れて次に進むことも重要です。
恋まっただ中では、なかなか割り切ることはできないかもしれませんが、上手にリセットして次に進める人が人生の勝ち組!
ずるずるとなし崩し的に結婚するよりは、きっとずっと良いですよ。

そろそろ、e-お見合いで新しい恋をスタート。まずは無料登録を!

お申込みはこちら

e-お見合い最新記事

【モテ男講座】タイプ別、モテない男を教えます 2013/11/15

【恋愛ルール論】恋愛は第一印象で決まる 2013/11/08

【女子恋愛術】男が好きな女性のポイント 2013/10/31

【モテ男講座】女が喜ぶプレゼントのホントのところ 2013/10/24

【恋愛ルール論】男の前で態度が変わる女 2013/10/17