e-お見合いで恋を始めませんか? >どこからが浮気なのか 2013/03/28更新

どこからが浮気なのか

男女によって、あるいは、個々によって、ボーダーが全然違うのが「浮気」。
私も「どこからが浮気?」なんて聞かれることはたくさんありますが、"私は"としか言いようがありません。
そのくらい、浮気のボーダーは全然違うものなのです。

隠さなければならないのは全部「浮気」!

「どこからが浮気か」という明確なラインはありませんが、強いて言うならば、
パートナーに隠さなければならない男女間の行動は、全部浮気です。

「隠す」という行動は、自分に後ろめたい気持ちがあるか、
あるいは、パートナーが自分の行動によって傷付くことを知っているからこそ取る行動です。
自分に後ろめたいことがあるのなら、それはもう浮気だし、 パートナーが傷付くことを知りながら
無断でその行動を取るということは、パートナーに対する裏切りですから、やはり浮気と呼べるでしょう。

本気で「これは浮気じゃない!」と思っている人ならば、堂々としていれば良いのです。
それができないのならば、浮気だと言われても仕方ありません。

法的には「浮気」のボーダーは厳しい

日本の法律の話をすると、「不貞行為」に当たる浮気というのは、
"特定の相手と繰り返し肉体関係を持った場合"だけを指します。

つまり、風俗巡りをしている男性だとか、ついでき心で一度だけ関係を…とか、
そんなのは不貞行為として認定されないんですね。
当然、二人でご飯を食べたとか、酔ってキスをしたなんてのも、不貞行為としては認められません

もっとも、その行為が夫婦関係を続けていく上で、著しく害を及ぼしたとなれば、
離婚事由としては認められますが、慰謝料云々…という話になると難しいです。

浮気の考え方は親密になる前なら聞ける

浮気って、考え方は十人十色です。
もしもどうしても気になるというのなら、親密な関係になってしまう前なら相手に直接聞いてもかまいません。
親密な関係になってしまってからだと、それは「浮気したい」のサインか「束縛される」という脅迫と取られますから、絶対に聞いてはならない質問ですけどね。

もっとも、e-お見合いのような「結婚を前提に」という特殊な場所では、親密になっていなくてもNG。
別に浮気願望がなくたって、そんな束縛を受ける結婚生活は考えたくありませんからね。

浮気の基準にはこだわらないのがいちばん

私は、「どこからが浮気?」と聞かれたら、「心がやましいところに傾いたら浮気」だと答えます。
男女の友情も普通に成り立つと思っているし、食事に行くくらい別に問題だと思ったことはありません。

女性には珍しい考え方ですが、そう言い切れるのは、自分自身に自信があるから。

浮気って、浮気する側にも配慮は足りないけれど、浮気したいと思われている時点で、
浮気された側に責任があるんです。
浮気される程度の女でしかないから、男が浮気しちゃう。
動物なんだもん、より良い異性がいたら、そりゃ浮気しちゃうでしょ。
大事なのは、つなぎ止めておくだけの力をつけることです。

実際、自分に自信のある人は、あまり浮気の心配をしません。
自分に自信のない人ほど、相手を束縛し、行動を制限しようとする傾向にあるんですよ。
しかも、行動を制限されればされるほど、人はその制限から出たくなるものですから、心理的には逆効果。

「どこからが浮気?」なんて考えている時点で、負けなんです。

また、「どこまでならOK?」と探りを入れている男性もダメですよ。
仮に、「肉体関係がなければOK」と女性が言ってくれたところで、あなたに下心があるのなら、
やっぱりそれは認めてもらえないものですからね。


そろそろ、e-お見合いで新しい恋をスタート。まずは無料登録を!

お申込みはこちら

e-お見合い最新記事

【モテ男講座】タイプ別、モテない男を教えます 2013/11/15

【恋愛ルール論】恋愛は第一印象で決まる 2013/11/08

【女子恋愛術】男が好きな女性のポイント 2013/10/31

【モテ男講座】女が喜ぶプレゼントのホントのところ 2013/10/24

【恋愛ルール論】男の前で態度が変わる女 2013/10/17