e-お見合いで恋を始めませんか? >嫌われる話し方

嫌われる話し方

普通に話をしているつもりでも、なぜか嫌われてしまう……という人は、とても多いですね。
特に男性は、女性がなぜ機嫌を損ねてしまったのかよくわからないという人がとても多いです。

これって、無意識のうちに「嫌われる話し方」をしているからなんですね。

男性にとって、女性は非常に理解し難い思考回路の持ち主かもしれませんが、基本をおさえれば意外と簡単。
嫌われる話し方からさよならしましょう。

彼女の話を遮る

女性と話をする時に、絶対にやってはいけないことは、彼女がまだ話をしている最中に話し始めるということ

女性って、すごく「自分の話を聞いて欲しい」生き物なんです。
女子会を眺めてみるとよくわかりますが、女性同士の会話って、
ちゃんと会話をしているようで、みんな自分のことしか話してないものなんです。

それでも、女性同士ならそれで許される。
だって、みんな「話したい」という欲求だけで、
端から「聞いてもらいたい」という欲求は持っていないんだもの。
ところが、男性に対しては「話したい」だけでなく「聞いて理解して欲しい」という欲求に変わります。
そして、この欲求を満たさない男性は「嫌い」となるわけ。

ですから、まずは彼女の話を遮ってはいけません。
あなたの言いたいことは、彼女の話が終わってからにしましょう。

文章と話し言葉のギャップにも注意!

e-お見合いで出会った女性と初めて合う時には、話し方に十分な注意が必要です。

というのも、人って文章(=書き言葉)と、話し方(≒話し言葉)はぜんぜん違うものだから。
e-お見合いで出会うということは、最初は文字での会話からのスタートだし、
その会話が好かったからこそ、実際に会うわけです。
ここで、あまりに話し方が違っていたのでは、まず間違いなく悪い方にギャップを感じさせてしまいます。

自分の話し方に、不快な癖はないか幼稚な話し言葉の使用は多くないか、日頃からチェックしておきましょう。

過去の自慢話は嫌われる

男性は、自尊心の高い生き物です。
だから、何か誇れることがあると、ついつい後生大事にして、ことあるごとに聞かせたくなってしまう。

けれど、これが女性は大嫌い。
どっかの大会で賞をもらったとか、なんかデカイ仕事をしただとか
ましてや昔すごくモテただのワルだっただのなんて武勇伝は、女性がもっとも嫌う話題です。

基本的に、自慢話は女性にはマイナスになってしまうものなので、どんなに自慢したいことでも、
ぐっと抑えて、男性のみのお酒の場に留めておきましょう。


自分の話にすり替える

自分では意外と気が付かないのが、なんでも「自分の話」にしてしまう話し方です。

たとえば、彼女が自分の友達の話をしていたとします。
「こんなことがあったんだよね」と話をする彼女に「ああ、あるよね」と肯定するところまでは良いのですが、その後「僕もこんなことがあってさ」と自分の話を始めてしまう……そんな経験ってありませんか?

同じ気持を共有しているつもりで、実は彼女の話を全部自分の話で覆ってしまっているいるんですね。
自分の話をかぶせて話すという会話技術自体は良い物なのですが、意識せずにこれを多用してしまうと、
女性は自分の存在をとても小さく感じてしまうことになり、話すのが楽しくなくなってしまいます。

また、彼女の話が一旦終わったからといって、「ところでさ、」と
まったく関係のない自分の話を持ってくる男性も、女性には好感を与えることができません。
あなたにそんなつもりがまったくなくても、彼女は「私の話はおもしろくなかったんだ」と感じてしまったり、「私には興味が無いんだ」と誤解を与える原因になりますから、話題を変える時には十分な配慮が必要です。


そろそろ、e-お見合いで新しい恋をスタート。まずは無料登録を!

お申込みはこちら

e-お見合い最新記事

【モテ男講座】タイプ別、モテない男を教えます 2013/11/15

【恋愛ルール論】恋愛は第一印象で決まる 2013/11/08

【女子恋愛術】男が好きな女性のポイント 2013/10/31

【モテ男講座】女が喜ぶプレゼントのホントのところ 2013/10/24

【恋愛ルール論】男の前で態度が変わる女 2013/10/17