e-お見合いで恋を始めませんか? > 女の子の本音

女の子の本音

男性から見ると、女性はとてもむずかしい生き物ですね。
「どこでもいいよ」と言ったのに、ラーメン屋さんに連れていくと機嫌が悪かったり、
無防備な服装で会いに来てくれたから脈ありだと思ったら拒否されたり、
「仕事が嫌」だというから「将来は専業主婦に」なんて言うと破談になったり……
女性の本音は、表面的な言動とは別のところにあると知ることが、女性を虜にする第一歩
いくつか女性の本音を紹介してみましょう。

「どこでもいい」は期待度の高いことば

デートや、その少し前段階でもっとも多く悩ませるのが、「どこでもいい」という言葉です。
「何食べたい?」
「どこ行きたい?
そんな問に対して、「どこでもいい」と答える女性は、とても多いのですが、
その言葉は文字通りに受け取ってはいけません。

「どこでもいい」には、いくつかの理由がありますが、どれも突き詰めれば、
「あなたがもっとも良いと思う選択をしてください」ということ
だから、よほど気心の知れた相手でなければ、いきなりラーメン屋とか汚い定食屋とか
安い牛丼屋なんかに連れて行かれると、『この人はセンスがない』『私を大事に思っていない』などと
感じてしまいます。

また、男性はセンスよく選んだつもりでも、真っ白の服でトマトソース系の料理や麺類は敬遠するものだし、
背伸びし過ぎでギクシャクしているような様を見せると、『頼りにならない』と感じます。

仮に、本当にどこでもいいと思っての発言だったとしても、女性は無意識に期待するものがありますから、
その"無意識の期待"に応える力が必要だと考えれば良いでしょう。

本気で「相談」する女性はいない

こんな話もよく聞きます。
「彼女があまりにも仕事の愚痴ばかりを言うので、
『そんなに嫌なら辞めれば?』と言うと、彼女に別れを切り出された」
同様のタイミングで「結婚しよう」なんてのもNG対応になる場合が多いです。

また、何か相談事を持ちかけられて、女性に意見を言うと、なぜか機嫌が悪くなった
なんてことを経験した人もいるかもしれません。

実は、女性の愚痴や相談事は、男性にまったく意見を求めていません
むしろ、意見されることは嫌う傾向にあります。

女性が愚痴や相談事を話す本音は、『聞いて欲しい』『わかって欲しい』という感情の肯定欲求です。

仕事の愚痴を話すということは、彼女は仕事に悩みはあるものの仕事を本気で放棄したいわけではありません。
むしろ逆で、女性が男性に仕事の話をするのは、仕事について理解し、
支えて欲しいと考えている場合が多いですね。
本気で辞めてしまいたいくらい仕事が嫌な場合には、異性ではなく同性に話します。

仕事以外の話であっても、基本的に意見は欲しくありません。
「そうだね」「君は悪くないよ」「つらかったね」そんな風に優しくしてもらいたいだけなのです。
何にでも共感するというのは、男としてポリシーに反するという人もいるでしょうが、
"相手の話を肯定して聞く"という手法は、カウンセリングでも"共感的理解"という重要な基本姿勢のひとつ。
いいオトコを目指すなら、ぜひ身につけたいスキルですね。

ちなみに、愚痴や相談の中で、1つだけ種類の違うものがあります。
それは、他の男性についての話。
「彼氏が」「元彼が」「男友達に告白されて」なんていう話を、女性が男性にするのは、
高確率で相談相手の男性に好意を持っている証拠
です。
もっとも、だからといっていきなり押し倒してもOKかというと、そこは別問題。
『この人は自分の新しい恋人として満足できる人かどうか』を見定めている時なので、
真摯に振る舞う方が得策です。
対応の基本は、他の愚痴や相談の時と変わりませんから、肯定しながら様子を見ましょう。

メールの本音は「姫」だと思え

ところで、e-お見合いなどのお見合いサイトでは、先にメッセージのやりとりが十分にあって、
お互いに気に入ったら、実際に会ってみるという手順ですね。

こういった場合の女性の本音は、ちょっとだけ違います。

「理解してほしい」よりも先に、「私を満たしてくれる人かどうか知りたい」というのが女性の深層心理。
私はこの状態を「姫」と呼んでいますが、姫の隠れた希望をどれだけ読み取って返してあげられるかが大事。

姫は、紅茶を飲みたいと言ったから紅茶を入れてくる男より
飲みたいな…と思っている時にすっと紅茶を差し出してくれる男が好きなのです。

無防備な振る舞いの本音はどこに?

服装や仕草など、女性の無防備な振る舞いには、
男性が受け取る感情とはまったく異なる本音がある場合もあります。

今はミニスカートがわりと流行っていますから、勘違いする男性は少なくなったかもしれませんが、
スカートの長さや露出の多さと、相手の男性への性的欲求とは、基本的に一致しません
ミニスカートだから脚を触ってもOKだとか、胸元が開いているからホテルOKだとかいうものではないのです。
ファッションの本音は、『自分が着たいから着た』『可愛い服を選んだだけ』といった場合が
圧倒的に多い ので、強引さはNGなのです。

飲み物など、間接キスについても特別深い意味がないケースが多いです。
女性の本音としては『嫌悪感はない』といった程度。

また、「手をつなぐ」「キスをする」ことは、必ずしも性的な欲求を伴いませんから、
「よーし、次は胸を触ってみよう!」なんて判断は危険です。

女性は、基本的にわがままでロマンチスト。
できるだけ、期待を裏切らない男性を求めている生き物です。
その「期待」がどこにあるのかを見極められる人が、モテる男になりますから、がんばってくださいね。
素敵な出会いはe-お見合いがお勧め。まずは無料登録を!

お申込みはこちら

e-お見合い最新記事

【モテ男講座】タイプ別、モテない男を教えます 2013/11/15

【恋愛ルール論】恋愛は第一印象で決まる 2013/11/08

【女子恋愛術】男が好きな女性のポイント 2013/10/31

【モテ男講座】女が喜ぶプレゼントのホントのところ 2013/10/24

【恋愛ルール論】男の前で態度が変わる女 2013/10/17